10 Jan月の満ち欠け・潮の満ち干き。

 

写真は、初日。

国技館上の満月。見た目ではもっと大きかったのに、

写真に撮ると小さくなっちゃうな。こんなはずじゃないー。

でも、自分の目に見えたまんま・・・そのまま憶えていればいい。

心に、満月のカタチを。

 

~~~

久しぶりに飲んだ。「彼」の同級生と3人で。
彼の昨今の「事情」あれこれを知ってはいたのだが、あえて触れなかった。
「男のプライド・面子というより、ひとりの人間として…もしかしたら傷付いているかも」

とも想像していたから。

はっきり言って、心配しながらも彼の心情を想像すると、
会いたくなかった花子。

でも、今日は、何も事情を知らない彼の同級生にたまたま誘われ、
酒席に同席したのである。

~~~

「あ・・・元気ないな。いつもと違うな」
まず顔を見て、そう感じた。
そのうち、彼が堰を切ったように話を切り出してきた。
「オレ、今回の一件、本当にショックでね・・・(略」

驚いた。
彼の弱音を聞くのは・・・初めてかもしれない。
いや、思い起こせば2度目か。

嗚呼、きっと溜めていた心のうちを話したかったのか。

先に帰った彼の背中を、暖簾を上げてこっそり見送っていた。
次の店に、ひとりで行ったのかな・・・飲んじゃえー飲んじゃえー。

 ・・・親方はつらいよ、じゃなく。 男はつらいよ。

    そんな背中を見る「女もつらいよ」。

 

  長い人生においての「月の満ち欠け、潮の満ち干き」。誰にでもあるわな。

   とりあえず「地」に足をつけて踏ん張ればいいんだ。

     流されないよう、埋もれないよう。 

    自分の決めた「定点」でブレずに、ね。

4 Responses to “月の満ち欠け・潮の満ち干き。”

  1. ごん より:

    花子さん格好良すぎます 。燻銀の光景ですね。今日も一日宜しくお願い致します!!

  2. k先生 より:

    花子さん、洋関ショックが大きすぎて、私はヨレヨレです。いつか来る日と分かっていてもショックです。14日目に朝稽古見て良かった。最後の本土俵見られて本当に良かった。栃の洋コラム待ってます。

  3. hanako より:

    ごんさま。

    返信遅くなってすみません!(いつまで放置してるのか・・・)
    ちょっとカッコ付け過ぎましたかね? たぶん酔いに任せて書いたのだと思います(恥)。今日一日といわず、よろしくお願いイタシマス~。

    K先生さま。

    そうそう、確か先生は春日野部屋の応援団でもいらっしゃったんですよね? 洋関とはそんなに接点がなかったんですが、ガチャピンみたいな愛嬌のあるお姿が大好きでした。本当に、ライバルである出島が引退してから久しいのに、よくここまで頑張ってくれましたよね。こうなったら、近い将来にある断髪式をとことん応援してあげましょう!

  4. ごん より:

    お疲れ様でございます・・。美人記者さんはしんど過ぎると想います 昔も書きましたね花子先生に恋文―どこへも行かないで下さいね、ずう〜〜っとお相撲さんの善き理解者でいて下さいませm(__)m

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply



Check