16 Augただいま合宿中! 鳴戸部屋 IN 青森。

8月某日。
取材で青森・浪岡での、鳴戸部屋の合宿にお邪魔しました。

のどかな田園風景。
暑いんだけど・・・まだ青い稲穂を凪る風が、心地よくもある。

青森市内は、ねぶたやインターハイの影響でホテルがまったく空いていず。
女性カメラマンとふたり、やっと見つけた浪岡の温泉宿
(とはいっても町の銭湯に宿泊施設がついてるような)
「素泊まり3990円」也に。それはそれで風情アリ。

近所のおじちゃんたちが毎日のように見に来てる。

これまた、のどか。

のどかじゃないのが、この鳴戸部屋の稽古!
序二段の子たちの稽古がいつも熱くて。
私は彼らを見るのがダイスキなのです。
「はいはいはいはい!」「おらおらおらおら」?などと意味不明な声を上げつつ、
「次はオレだ!」と猛アピールして稽古を「買う」んですね。

稀勢の里を見守る鳴戸親方。
ダンベル持って黙々と、傾斜した「地べたにそのまま座れる観覧席(?)」を上り下り。

師匠の指示で、板に乗った西岩親方を持ち上げるの図。
20㌔のオモリが1枚増え、2枚増え、3枚増え・・・
親方の体重合わせて200キロ超!の重さを、
2人がかりで持ち上げちゃうんだもの。
周囲も「うわ~!」「そこまでやるの!」と
みんな笑顔で見守る。
「いつ落とされるか」とビクビクの西岩親方の姿を見て、
師匠も笑顔。
ときに厳しいだけの稽古ではないのも、
鳴戸部屋のいいところ?

来場所新入幕確定、大注目!の「隆の山」。
片時も休まずに体を動かし続けてる姿に脱帽。

そしてやっぱり・・・のどか、です。

青森合宿は、20日まで頑張っているそう。

先場所大活躍っだった鳴戸部屋勢には、来場所も注目ですね。

~~~~~~~~

おまけ。お宝写真=「体育座りしてる隆の山」(笑)。

4 Responses to “ただいま合宿中! 鳴戸部屋 IN 青森。”

  1. ぼたん より:

    気持ちの良い風景!
    隆の山、来場所も大注目ですねー。
    キセも応援してます!
    魁皇がいなくなって、でも
    親方としてきっと、解説されると思うと、
    それもまた楽しみです。
    あっ、花子さんNHK映ってましたね。
    魁皇記録達成した時。見逃しませんでしたよっ。

    • hanakod より:

      鳴戸部屋勢、本当に頼もしいです。

      魁皇の解説もきっと面白いと思いますよ。
      経験に裏打ちされた重みのある言葉が多いのでは?
      と今から想像します。

      NHK、ありゃ映ってましたか。お目汚しで失礼しました(笑)

  2. 千葉のK先生 より:

    花子さん、ご無沙汰です。こちらに移ってたんですね。
    私は、贔屓の力士が例の騒動で大騒ぎになって以来、意図的に相撲の話題や媒体を避けていました。決して相撲自体が嫌いになった訳ではなく、応援している部屋やお相撲さんに対する思いにも変化はないのですが。それでも色々疲弊しました。国技館の地下広間で予定されていた断髪式を楽しみにしていましたが、あの状況下で叶うはずもなく、彼は一人で床屋で髪を切りました。なんともやるせない思いで、一時的にしろ相撲に対する熱意が冷めたのも事実です。教習所に通っているんですよ、引っ越ししました、と連絡をくれる声が元気なことに救われますが。今回、彼(ら?)がしでかしたことは、本当に愚以外なにものでもないけれど、それでも角界を志した頃の気持ちには偽りはないはず、と信じたいのです。私はお相撲さんにたくさん楽しい思いをさせてもらったし、学ばせてもらったし、優しくしてもらったし。だから今こそ、今まで以上に応援していきたいんです。
    長文でごめんなさい。花子さん、佐倉の出ですか?なーんだ、近いですね。私は八千代で働いてます。

    • hanakod より:

      返信遅くなりました!

      お久しぶりです~。

      いろいろありましたが、ファンのスタンス・思いはそれぞれ。
      離れてしまう方もいるでしょうが、
      やはり「大相撲の本当の魅力」「価値」を知ってる人が、
      危機的状況の中、最後まで応援してくださるんだろうな、と思います。

      今後とも。よろしくどうぞ。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply