19 Jun相撲漫画が再燃? 楽しみだわ♪

現在、ある青年コミック誌で女性漫画家さんが相撲コメディ漫画を描いていて。
花子もちょっと協力したりしているのですが。

最近、新たに「相撲漫画を今度連載する予定なので(もしくは連載中なので)一度お話を聞かせてもらえませんか?」などというオファーがあったりします。

・・・みんながみんな、女性漫画家さんなんですよね。たまたま。
読者が漫画で相撲を知って、ホントの相撲に興味を持ってくれたりの「とっかかり」になりやすいし。
なんだか、とってもうれしい花子なんです。
「私でよければ!」なんて、腕まくりしちゃうわ。ケツはまくらないけれど(笑)。

~~~

で。
ここが難しいんだよなぁ。
「漫画のネタの参考に話を聞きたいから、若手力士を紹介してくれ、一緒に飲みながら取材を兼ねて」
ってオファーも、あったりする。
もちろん、リアルに描くために「本職」を取材するのは大前提だし、大歓迎。
お酒が入ると、リラックスしていろんなお話も出るしね。

しか~し。
「取材ということなら、申し訳ないが彼らにタクシー代・・・『謝礼』を可能な範囲で渡してあげてくれないか?」
というのが、仲介する花子の立場です。

でもね。
これって難しいのよね。
花子の言うとおりに「謝礼」を払ってくれる出版社もある。
でも、後でもらったほうが「そんなつもりじゃないのに。お食事を奢っていただいて、それだけで十分だったのに」って、すっごく恐縮しちゃったり。
「入門してまだ3ヶ月の若い力士に、そんなお金を払ったらあとあとクセになっちゃうから」
って話もあったり・・・。

・・・う~む。

もちろん、ぶっちゃけて話が出来る相撲関係者に相談すると、

「まあね。忙しい相撲取りを呼び出して、タダで話を聞けると思うなよ!・・・ってのもありますけど。
そりゃ、後援会の人などにはタクシー代やお小遣いももらうことはあるけど、花子さんの顔で付き合って、『タダメシだけでラッキー♪』くらいに考えてるヤツもいるし。逆に変に気を遣われて困っちゃう場合もありますからね。
『謝礼もらっちゃったから、これからもまた協力しなけりゃいけないなぁ』とか・・・」。

うううぅ。
余計に難しいではないか。

~~~

私は、20代の若かりし頃から、
「力士を個人的に呼び出して話を聞くなら、ちょっとは包め」と、
大先輩に刷り込まれていて、ピーピーの懐から自分でご祝儀渡してたからなぁ。
今思うと、年上の力士に渡してたりして。案外、失礼だったかも? って思うくらいだし。

ただね。
「力士に良かれ」と思って先方に助言したことも、
逆に「相撲界の人間にちょっと会うだけで、お金を払わなきゃいけないらしいよ?」
なんて、その業界のみなさんに思われてしまうのも、相撲界の人間が冒涜?されてしまうようで、
これまたすごく嫌なんだよね。・・・複雑。
「やり手ばばぁ」はつらいよ?

 あ。 そうか。花子がぜ~んぶ、
「任しとけ! 苦しゅうない!」って払えればいいのか?

        よし!!  お仕事ガンバンベェ?

8 Responses to “相撲漫画が再燃? 楽しみだわ♪”

  1. k先生 より:

    1 ■こんにちは
    間に入って橋渡しする、って難しいですよね。面倒見のいい、「任しとけ!」って人が中に入るんだけど、こういう人は気も遣いぃだから、どっちの人にも喜んで貰おうと、振り回されちゃう傾向にあるんですよね。花子さんもそうなんじゃ?

    相撲マンガ、私は岡野玲子の「両国花錦闘士」しか知りません。もっと、男の視点からみたい男臭い相撲マンガが読みたいものです。
    http://ameblo.jp/boss-1811/

  2. どす恋花子 より:

    2 ■Re:こんにちは
    >k先生さん

    あはは。そういう傾向、あるかもしれませんな。
    双方、なんてことなく思ってるのに、
    結局、私ひとりで気をもんでるという(笑)。

    「大相撲入門」みたいな漫画や、
    気軽な感じでお相撲を題材にした漫画など、
    相撲界が人の目に触れるようになるだけで、
    うれしいです!

    とはいえ。
    確かに男が読んで泣けるような「スポ根・相撲漫画」って、今はないですよね。
    時津風事件で「かわいがり」という言葉が誤解されたまま。
    そーゆー部分も含めて、「相撲界とはこういう世界なんだ。究極の男の世界なんだ」とわかってもらえるような漫画(劇画・・・になるかな)もほしいところです。

    「原作書いてみれば」と言ってくださる方もいるんで、
    頑張ってみよっかな・・・? なんちゃって。

    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  3. ふじこ丸 より:

    3 ■相撲まんが イイですね!
    花子さん、
    親方株のお話につづき、すごく内容の濃いお話、ありがとうございます。
    女性の漫画家ですか?

    夏場所、相撲観戦は10年ぶりという友人と国技館に出かけたら、「女と外国人が増えたなあ」とびっくりしてました。

    漫画では私は、やっぱり何と言っても「のたり松太郎」が好きで、何度も何度も繰り返して読んでいます。
    初めは松太郎中心に読んでましたが、田中くんや付き人さんを丁寧に読むと、また、そのたびに、新しい発見があるんですよ。
    やはり、取材を重ねて相撲界をよくわかって描くって重要ですよね。
    若い力士さんなら、「世間との付き合いであり、自分を振り返るチャンス」と考えて、食事はおごってあげてもお金はいらないんじゃないかな。
    その作品が日の目を見るなら、ですけどね。

  4. どす恋花子 より:

    4 ■Re:相撲まんが イイですね!
    >ふじこ丸さん

    コメントありがとうございます!
    そうそう。「のたり松太郎」面白かったですよね。

    かなり前の話になりますが。
    「のたり松太郎」安価版の「1コイン・コミック」を出すと言う時、
    ちょっとコラムを書かせていただいたことがあって、
    あの憧れの漫画に!!と、すごく感激したくらいです。
    今、思い出しました(笑)。

    ホント、相撲界の内情を原点から深く描いた漫画、テレビでいうところの「ノンフィクション」のようなのも、今は必要ですよね・・・。
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  5. K先生 より:

    5 ■深夜に失礼します
    今日発売のNHK大相撲中継と読売大相撲、舐めるように読みました。読売大相撲、変わりましたねぇ。良く言えば初心者ファンに優しく、悪く言えば週刊誌のように。骨太の記事が読みたいものです。今度の休みに神保町の古本屋さんで、昔の雑誌を探してみようかなぁ~。
    http://ameblo.jp/boss-1811/

  6. どす恋花子 より:

    6 ■無題
    >K先生さん

    いやいや。慧眼ですな。

    私もあれこれ言いたいことはあるのですが・・・(笑)。
    いっそスポーツ誌「Number」みたいにかっこよくしちゃえばいいのに。

    私、連載も8年以上、休載が2回あって「ちょうど100回」?って感じでもあり、
    「花子の両国パトロール」連載は、とりあえず終わっちゃいましたた。
    (あ。ここのプロフも書き直さなければいけないな)

    これから「読売大相撲」、どうなるのかなあ・・・。
    実はメチャクチャ心配なのですわ、今回を見た限りでは(苦笑)。

    今後、いろいろ手直しされたり、
    ファンの皆さんの意見を反映して、
    いい感じになると思っています!
    ご意見募集してるし、どんどん送ってみてくださいね!
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  7. K先生 より:

    7 ■無題
    >どす恋花子さま

    両国パトロール、やっぱり終わっちゃったんですね。もったいない。目先の若いお姉ちゃんより、深いと思いますけどね。
    http://ameblo.jp/boss-1811/

  8. どす恋花子 より:

    8 ■Re:無題
    >K先生さん

    おお。ありがとうございます!
    そのうち何かカタチを変えてやりたいですわ。

    若いものにはまだまだ負けん?
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply