02 May花子、海を渡・・・ってる場合ではないのだが。

朝青お面

写真は、今は懐かしくも思う、横綱朝青龍のラバーマスク。
約3年前の引退後、アメ横の雑貨店で半額だったので買ってみた。

明日から徳之島。四国の「徳島」じゃなくて、鹿児島県大島郡・奄美諸島の「徳之島」です。
名物の闘牛を見たくて行くんだけどね。
番付があって「横綱」の牛ももちろんいて、大会は「本場所」と言われてるらしいわよ!
わくわく。人間の相撲より面白いんじゃなかろうか?

さて。
島の地元の少年相撲クラブの子どもたちは、全国大会で活躍してる逸材が多い。
ご縁もあって、彼たちの稽古も見てくるつもり。
徳之島といえば、「まゆ毛の朝潮」「毛ガニの朝潮」と言われた、第46代横綱・朝潮の出身地。
もちろん地元の英雄で、銅像まで建っているの。
この相撲クラブの子で、その初代朝潮の血縁の子がいる。
将来は角界入りを希望してる。
もちろん、地元のみなさんの夢=「徳之島から、また横綱朝潮を!(その次の朝潮は大関どまり・・・)」ってのがあるし、
路線として入門するなら高砂部屋よね。
でもね、だからって徳之島からはみんな「高砂」に行くかって、それは違う。
相撲強豪高校・大学ってルートができあがっていて、その結果、角界は偏りつつある。
でも、離島の中学出たばかりの、夢を持った少年たちの将来が「オトナの事情」に左右されてしまうって、可哀想に思うの。
「○○関のファンで、あの部屋に行きたい」などの思いもあるだろうし、
その子それぞれの性格もある。「厳しい部屋のほうが伸びるかな」「アットホームな部屋のほうがいいかも」「のびのびした明るい部屋がいい」って、監督さんや親御さんの考えもいろいろある。

相撲界の師匠の考え方や指導法、部屋の雰囲気など、それぞれだ。
師匠と弟子の「相性」もあると思う。
1度入門したら、そこで頑張るしかないのが相撲界。
野球のようにトレードや移籍はできない。
だから、「オトナの事情」「流れ」で入門するのって、
せっかくの芽をつぶしてしまうことにもなるかもしれない。

誤解を恐れず言えば、朝青龍は「あ・の」高砂親方の元だからこそ、横綱になれた気もする。
これが、もし○○部屋だったら、××師匠の元だったら、どうだったのか・・・?

そんなことを考える、今日この頃。
どこの部屋だって・・・否、相撲界全体で「新弟子」が欲しい。

花子は、相撲そのものでなく「ちゃんこだ」「おかみさんだ」って「サイドネタ」の取材が多い。
だからこそ普段は見せない「それぞれの部屋の顔」も見せてくれてるかな、と自負している。

お世話になってる親方、仲良しのおかみさん、とっても素敵な兄弟子力士なども、たくさんいるけど。
でも、それは花子は「しがらみ」とはしないわ。
相撲界を目指すひとりの男の子の人生が決まるのだ。
だからあたしは、しがらみなく「いろんな部屋」を泳いで勉強します。

そして、「ひとりの男の子の人生の岐路」に、
「こんな部屋もあるよ」「この部屋も見てみれば」って、
ちょっとだけアドバイスをできる存在になれれば、と思うのでもある。

徳之島の豆力士たちは、みんな○○部屋に!じゃなくて。

「おまえら全員相撲取り=『日本相撲協会力士養成員』にするからな! 行きたい部屋を考えときなさい!」
と言ってきますわな
 
  関係者のみなさま。花子への付け届けは不要です(笑)。

9 Responses to “花子、海を渡・・・ってる場合ではないのだが。”

  1. ぼたん より:

    ああそうだなぁ、と思いながら
    読ませていただきました。

    子供が「人のせい」にしなくて良いような人生を
    送れるような手助けも
    大人の役割の一つなんでしょうね、なんて思いながら。

  2. りお より:

    稀勢の里出稽古解禁!!(`∇´ゞ…先代の意志とは言えいい塾(部屋)に行かないと強くなれません!!今までは来てくれた方々としかできなかったから…できれば白鵬と稽古して欲しいです!!関係ないけど凄い嬉しい(ToT)

  3. matu より:

    徳之島、相撲が盛んですね。
    鹿児島事態が盛んかも。
    松ケ根部屋の徳州山は確か徳之島出身。
    腕白相撲でもまずまずだったのに、伸び悩んでやっと幕下に。
    もう親方をがっかりさせないでって思いますが。
    個人手じには、同じ部屋の中園君を応援したいですけどね。
    花子さんご存知ですか?

    • matu より:

      いろいろ誤字失礼しました。
      事態→自体、個人手じ→個人的ですね。
      ちなみに、中園君は種子島出身です。

  4. ひらりんご より:

    久々にこのブログのページを開けたとたん、「わわっ!」と写真に衝撃を受けてしまいましたー!!最初何かわからなかった(笑)。

    私にとっては、徳之島といえば旭道山ですね。
    え、じゃあ徳之島の子は後は政治家に・・・!?

    部屋のカラーって色々あるんでしょうね。
    たとえば、朝青龍が若貴のいた二子山部屋(貴ノ花)なら、どうなっていたか・・・?
    武蔵丸の武蔵川部屋なら・・・?

  5. どす恋花子 より:

    皆さん、コメントありがとうございます!まとめちゃってすみません~。
    しっかり読ませていただいてるのですが、ただいま、人生で初めて(?)テンパってるくらいの状態でして。また落ちついたらきちんとコメント返させてくださいー。

  6. オロロン より:

    花子さんおつかれさまです!!
    今回のブログもすご~くためになりました。
    近所で見かけるおすもうさんたちを、また違った目で見るようになりました。
    「相撲」のおかみさんインタビューも読んでます♪やっぱり見る目変わるなあ。
    朝青龍が高砂部屋じゃなかったら・・・、ホントどんなおすもうさん人生になっていたんでしょうね。

  7. りお より:

    稀勢の里は残念でした(ToT)!!ただあんなに会場が盛り上がった試合はファンになってから初めてです!!立ち会い白鵬が左に寄り、向こうペースになったがよく頑張り立ち会い後も威風堂々としてて横綱級の風格を感じましたo(^-^)o優勝をまだ諦めてません!!次の出稽古先は角界の東進ハイスクールこと宮城野部屋に行って白鵬と稽古して欲しい(笑)!!いつ行くの!?『今でしょう』!!

  8. りお より:

    怖くて稀勢の試合が見れません(いい意味で)!!悔いない試合をして欲しいです!!

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply