03 Jul花子私設相撲資料館? お宝蒐集中。

話題は古くもなりますが。
先の5月「技量審査場所」。
たまたま、
あるオークションで双葉山の手形色紙が出品されているのを知「らされ」てしまった。

「こんな相撲界未曾有の危機場所。なんでまたこの時期に、角聖・双葉山が、
花子の神様のような双葉山さまが・・・
こんなGESSな(すみません)オークションに出ちゃうのよ!」

と驚愕・・・

「これは花子が落札して引き取らねばなるまい。運命だ・・・」

と勝手に思い込み。
オークション初心者ながら、兄弟子(?)に指示を仰ぎつつ、
心臓ドキドキさせながら、無事落札した。
値段? いいのいいのよいくらでも。CHANELのバッグでも買ったと思えば。
って、双葉山さまに値段などつけるな! いくらでも払っちゃるわい!
という思いよ・・・

そして。

たまたま千秋楽の朝に色紙が届いた。
むむむ。なんたる因縁。

「おっしゃ。双葉山さまに、この未曾有の場所の千秋楽を見ていただかなければ!
きっと相撲界の危機を天上で心配なさっているからこそ、
今日のこの日に届いたに違いないわ!」
(多分に妄想癖のあるあたくし)

国技館に色紙を持って行く。
千秋楽の日って、最後の最後に「神送りの儀式」っていうのがある。
初日前に「土俵祭」として神様を迎え、その神様を天上にお返しする、という意味ですね。
なぜか、新序出世披露した入門したての若い力士たちが、行司さんを胴上げするという・・・

「そうだ! 神送りの儀式をバックに双葉山さまの色紙を! 
双葉山さまがしっかり今場所を見守っていたぞ、というストーリーね!!」

と単純に考え(馬鹿ともいう)、で、上の写真。
(協力:たまたま居合わせた好角家ノンフィクション作家・K氏、
相撲KICHI・GUYパンクロッカーI氏。その折はありがとうございました)

  ~~~~

「は~。もうオークションなんてこれ限りでやめよ。
時間勝負で競り合うのって、心臓バクバクしてダメだわ~」
なんて思っていたけれど・・・

落札しちゃいました。戦時中のものですって。
大分県別府市鉄輪(かんなわ)温泉の某有名旅館にあったと聞く。

これも落札しちゃいました。(右側)
染み抜きなどしてあってキレイになっちゃってるけど、真筆の「忍」の字の色紙。

大横綱の「忍」つながりということで、大鵬さんのも。勢い余って。

   やめるどころか、おいおい・・・歯止めがきかないじゃないか。   

こうなったらもう、とことん! ということで、雷電の手形(!)も、先日競り落としました。
それとね、双葉山さまが4敗して「信念の歯車が狂った」と、引退を考えてしまったという
昭和15年5月場所の番付も。これは珍しく、双葉山さまの師匠だった立浪親方の
ハンコ入りで、なおかつ(オタクみたいなので以下略

    金? なんとかなるわい! (なんとかしなきゃ困る)  

     さ。働くぞー。働き甲斐があるってものよ!(と鼓舞してみる・・・)

      

2 Responses to “花子私設相撲資料館? お宝蒐集中。”

  1. ひらりんご より:

    花子さん!なんて素晴らしいお方なのでしょう!
    己の懐具合よりも相撲界全体の利益!まさに懐が深いですね~。
    それらを大切に、相撲界で保存してくださいね。相撲博物館に買い取ってもらいましょう(寄贈はしんどいだろうし・・・)!

    お疲れさまでした。花子さんの行動に拍手です。

  2. どす恋花子 より:

    そ、そ、そこまで誉めていただかなくても(笑)。

    でも、ありがとうございます!
    いつかみなさまにも見ていただきたいので、
    寄贈はしないまでも(オファーがあれば)相撲博物館にご協力しようとも思います。
    (確か手形色紙は博物館にもあるけど)

    これからも相撲の記事を書いて、それで戴く原稿料は相撲に使いますね!?

    (フトコロサムイ・・・)

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply