07 Mayモノを書く、ということ。

私は、やはり文字を書いて原稿料をもらっている立場として、
その意味では・・・おこがましくも「プロ」ではあります。
相撲の記事ももちろんそうだけれど、そのほかにもまったく関係ない、
いろいろな記事をあちこちで書いてます。

もちろん、すべて「署名」です。
「どす恋花子」というペンネームも持ってはいますが、それは
相撲に関する一部の記事だけ。
私は本名も出身地も(年齢までも~!)、
一応、公けにしています。(このブログでもね)。

ゆえに、ある種の「責任」「覚悟」は生じます。逃げられない。
「公け」になったものに対して、賛否両論あってしかりですし、
時には訴訟にさえ発展するほど、「文字」って怖い。
(今のところ、私は訴訟はありませんけど。2ちゃんなどでマツられることも?
私は読みませんが・・・怖くて読めないの~)

~~~

各新聞の記者さんたちも署名原稿が、最近は多いです。
ということは、きちんと「リスク」を請け負う気概も持って書いてるはずです。
実際、取材対象者に出入り禁止にされたり、イヤミを言われたりが日常茶飯事で。
「みんなと仲良しでいたいから書かない~」なんて考えてない。
「取り入った記事」だけ書いてるわけではないんですよね。
「ギリギリ」のラインで一生懸命、真実を伝えようとしてる(人もいる)。

それでも、やぱり「記者クラブ制度」がある限り・・・(略=私はこの制度が大嫌い)。

読み手=受け取り手の問題も多々あります。
ハッキリ言って「偏狭な読み手」ってのもいます。多いね。
私もお返事に困るようなお手紙やメール・メッセージ・・・
たくさんありましたよ。いや、今もってING。
自分ワールドの中だけの「偏った見地」でのお話聞かされても、
こちとら一部ファンにだけ向けて、発信するわけにいかないし。

~~~

昨今は、匿名でブログやらなにやら、いろいろ書いてる人もたくさん。
「いいな、うらやましいな~。私も相撲界のすべて・・・多方面に気を遣って書けないこと、
匿名で書きマクって、ガス抜きするか!」
なんて・・・うそうそ。
そんなことまったく考えませんよ。相撲界のお陰で生きている身ですから。
自分の知り得たこと・超個人的な意見をすべて情報として垂れ流す・・・って、
プロはしない。できないっすよ。
(最近、北野誠さんがそんな感じで問題起こしたけど。それが売りのタレントさんだったから)

「誰のファンでもなく、相撲界全体の応援団」のつもりでいる私は、
たとえ個人的に仲の良い相手でも・・・誰に対しても「思い入れ」は持たない。
(・・・ように気をつけてます)

ダメなトコロはダメ! 好きなトコロは好き! って言う=書くだけ。
愛情って、「仲いいし~」「好きだから~」って闇雲に、
盲目状態で擁護するだけではないのだよ。

「清濁併せ呑んで」今に至る。だからこんな私だって今までやってこれたんだ。
わかる人には、これでわかってもらえるだろう。

~~~

どんな記者さんでも、ジャーナリストでも。
せっかく朝早起きして現場に通ったのに記事にならなかった、とか、
どんな短い記事でも、書いててつまらない記事でも。
デスクに「書き直せ!」編集者に「こんな話を拾って来い!」
などと怒られながらも、自分なりのフィルターを通して、
時には不本意で悔しかったり、情けなく思ったりしながら「書いてる」んだと思います。
それでも書くのが「プロ」なのです。
結果、取材対象者に嫌われたり無視されたり。
それって「真実書かれちゃった、痛いところ突かれちゃったから」ってことだったりもする。
そうなったら一人前っすよ。プロっすよ、そういう記者。
机の前で、パソコンでただ情報拾ってあーだこーだ批判したり、
評論できるのは「匿名シロウトさん」の特権です。(時に参考にもなりますが)

まぁ・・・周りがどう思おうが、それぞれの立場で「矜持」はあるんですよね、きっと。

私は・・・「どす恋花子」の場合は、
男だけの相撲界において「お邪魔させていただいてるミーハーライター」
のスタンスは崩しません。
「私はまだまだ顔じゃない」って謙虚な気持ちよ?
だって、あたしのようなオンナが相撲について、大上段で語れるはずがない。
まったく説得力ないっしょ?(笑)
内館先生ならまだしも。
私は「ミーハー相撲ライターのキャラ」に、それなりに矜持をもって、
「徹している」つもり。
   
・・・。何、決意表明してんだか。だはは。ちょっと思うところあってね。
失敬。
最近もなかなかコメント返せなかったりしてますが。申し訳ない。
今回、この日記にコメントあっても返事しない~。書きっぱなしですみません。

  
     原稿料の入らない、こんな長い文章・・・ 初めて書いたよ~。
      
        あああ~もったいない?(うそうそ)。

   花子はこれからも、気楽~に相撲界に携わっていく所存です。
   内館センセもお元気になったしね!(祝)。
   
     センセのように横綱審議委員になりたい、
なんてこれっぽっちも思ってないわ(笑)。

8 Responses to “モノを書く、ということ。”

  1. ちゃる より:

    1 ■良かった…
    ご無沙汰しています。
    相撲界は、報道を含めいろいろありましたが
    ブレずに花子スタイルを貫いて下さい。

    応援していますね。

  2. k先生 より:

    2 ■無題
    今の世の中、人はあらゆるモノを選択して生きています。職業、服、食べ物、趣味…。人がどう、とか、みんながどう、ではなくて、自分が好きなモノ、自分が正しいと思うモノを選択して。私は、お相撲好きだし、○日野部屋が一番好きだし、花子氏の文体や切り口が好きです。だから、選択してここに来ています。プロの文筆家の花子氏が、原稿料の派生しないここに、忌憚ない文章を書いてくれるので、私は凄くありがたいし、楽しんでいます。また、更新して下さいね~!
    http://ameblo.jp/boss-1811/

  3. どすこいトモコ。 より:

    3 ■初めまして。
    初コメントです。

    ジャンルは全く違いますが、
    (記事とかではありません)
    仕事として書くということを
    しなければいけない時期があったので、
    花子さんの気持ち、ほんの少しだけなら、
    わかるつもりです。

    私はブログを匿名で書いてますが、
    それでも知らない方に
    「見てます!」
    と芝居関係の現場で知らないお客さんに、
    声をかけられることがあります(ナゼだ?)。
    だから、関わる劇団のすべては、
    やっぱり書けません。
    あくまで私は芝居の裏方のひとりなんで。
    送り手側のひとりである自覚もあるんで。

    これからも花子さんのスタンスで、
    ブログも記事も書いていってください。
    私は、それが読みたいんです。
    http://ameblo.jp/pa-sumo/

  4. どすこいトモコ。 より:

    4 ■何度もすみません。
    ↑仕事で書いてたと言えないような
    変な文章になってる部分があります…。
    恥ずかしい…。
    ごめんなさい!

    http://ameblo.jp/pa-sumo/

  5. どす恋花子 より:

    5 ■Re:何度もすみません。
    >どすこいトモコ。さん

    お返事書かない、なんて宣言してましたが。
    初コメントありがとう!
    &、いつも「ぺタ」ありがとうございます!
    確認しています~。

    >ちゃるさん。

    お久しぶりっす! 相変わらずの私です(笑)。
    コメント、ありがと!
    そのうち、また(略
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  6. どす恋花子 より:

    6 ■Kセンセ。
    春日野部屋近くに住んでおります(笑)。
    いつか、きっとお会いしそうですね?
    某世話人さんとは飲み友達っす(笑)。
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  7. はるじぃ より:

    7 ■p(^^)q
    今更ですが…

    花子さんは明るく優しく気さくで話しかけやすい…人です。

    私も私の家族も全員そう思ってますょ。(^O^)/

    これからも「陰」ながら応援していますので、いろいろあるでしょうが頑張って!

    p( `o´ )q ファイト!

  8. どす恋花子 より:

    8 ■Re:p(^^)q
    >はるじぃさん

    お。あの「はるじぃ」さんですか?
    ご家族にヨロシクお伝えください!
    コメントありがとう!
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply