10 Jan大相撲界におけるオンナの立場。

ご存知の通り、「男の 男による 男のための相撲界」。
オンナだてらにチョコチョコと、周辺に身を置かせていただいてる花子です。
もう花子は自他共に認める「オバちゃん」なんで、双方、緊張感なく、楽チンで(笑…あ、泣か?)。

こんなこと言うと「いつの時代の話や」と言われそうだが、
やはり相撲界を知れば知るほど「男」という性・その存在を
本当にリスペクトします。
いつもアタマに浮かぶのは,
「嗚呼。女の出る幕じゃねぇなあ」の一言。
「嗚呼。私は男でなくてよかった…」とも思います。
もし男だったら…彼らと同じ「土俵」になんて、とてもじゃないけれど立てないわ。
同性だったら、彼らに対して「嫉妬・焦燥感・敗北感」を感じるだろうなあ。
ある意味「オンナであること」に安心し、逃げ道にしている私。

で。何が言いたいか。

初の女性横綱審議委員である、内館牧子さん。

「朝青龍は、私のなかでは既に引退した力士なので・・・」

との発言に「おお?」と驚いていたのですが。
このたび、場所前の横審総見でも、朝青龍に関しての質問に、

「私は現役力士を中心に見てますので・・・」(=朝青龍は、カノジョにとっては現役じゃないとの意味らしい)

ですって。
とにかく相撲について造詣が深く、真摯で、モノを言える委員さんではあるし、
自分のスタンスを貫くのは尊敬もする。
でも、横綱審議委員としての立場があるなら、特定の力士についてここまで「私見」を振りまいていいのかな、と疑問を持つ。

カノジョの『週刊朝日』のコラムを毎週楽しみにしている。
このコラムで、場所後に「横審レポート」と題して、審議委員会での議事内容などを書かれているが。

すごく興味深くて、「よくぞお言いなさった!」と思わず膝を打つところもあるけれど。

哀しいかな。
内館先生。
所詮、あたしらは「オンナ」なんですよ。

おっぱい丸出しでふんどし締めても、土俵には死んでも上がれません。

「分」をわきまえた振りして謙虚な振りして・・・うまく「女性性」を生かしたアプローチ方法も考えなければ。
オンナたるもの、「男」を土俵際まで追い詰めてはいけません。
「嫁にもいけない、男のハダカ好きのヒステリックババア」で終ってしまいます。
(この言葉、そのまま私に当てはまるのです~)

 
     ・・・そして内館先生の後釜は、花子が狙うわ。
           (嘘ぴょ~ん)

4 Responses to “大相撲界におけるオンナの立場。”

  1. miyan より:

    1 ■無題
    私も機会があって、
    よく拝読させて貰っています。

    男女平等社会の中にも、ほんまに「オンナ」は男と同じ土俵には立てない世界が存在します。それもまた伝統だった・・・それが大相撲界。
    昨年は女性が土俵乱入騒動がありましたが;;

    そんな中、頑張っている女性陣を見聞きするとすごいなぁ~と思います。
    まぁ、考え方は人それぞれとして。

    なんだかんだで「朝青龍」で盛り上がっている、今日から始まる「初場所」ですが、一番一番熱戦を期待したいところです。外面だけで報道されるのではなく、相撲内容という内面で注目を浴びて貰いたいなと心から思います。

  2. ばし より:

    2 ■無題
    内館さんの発言は私も「?」です。単なるファンなら結構ですが、横審という立場で、あの発言はないなーと。

    彼女の著書、『女はなぜ土俵にあがれないのか』を読むと、「相撲=男世界」というものを尊重されているんですよ。

    『お帰りなさい 朝青龍』も読むつもりです。

  3. ヨコタ より:

    3 ■無題
    こんにちは。
    日記に関係のないコメントでごめんなさい!
    F誌で一緒だったヨコタです。
    先日、お風呂屋さんでもらった「1010」に花子さんが載ってるの見て、
    懐かしくなってネット検索してこのブログ見つけました。
    昔の仲間が頑張ってるのを見ると自分の励みになります。
    本場所真っ最中。楽しい記事を書いてください。
    また時々覗きに来ます。
    それでは。

  4. どす恋花子 より:

    4 ■コメントありがとうございます!
    皆さん。
    レスが遅くなってしまって本当に申し訳ないです。
    まとめてのお返事になってしまって恐縮です。
    今場所は、やはり何かと忙しい~。
    朝青龍のお蔭です?

    ~~~

    私は個人的には内館センセ、大好きなんですけど(婦人公論で「朝青龍への手紙」と題して、数年前にインタビュー・構成させていただいたこともあるなあ、そういえば)、今回はなぁ・・・。
    「お帰りなさい朝青龍」という本を出版されたのも、大きな意義はあると思うけれど「横審という立場で知り得た話を『商売』にしてしまうのはいかがなもんか」と、私は思います。
    実際、そういう声もあるし。
    もちろん、協会側に仁義を切っているなら別ですが、そんな話も(今のところ)聞かないし。

    ~~~

    (Yさん! お懐かしい! コメントありがとうございます。お互い頑張りましょう~。どうにか花子も頑張ります~)

    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply