07 Aug追いつかない。

今だ相撲協会は揺れている。
今度は理事長の進退問題かぁ。

もう、毎日毎日、ニュース追いかけるの・・・追いつかないわ。
記者さんたちも休みがなくて大変だろうなぁ、この暑いさなか。

~~~

もちろん私見でしかないが、武蔵川理事長は今、辞任しなくていいと思う。
別に、いまさら地位に汲々としてるわけじゃないと思うし。
胃がんの手術もなさったそうで、そりゃ心身ともに大変じゃ。
でも。

最初おっしゃってた通りに「メドがついたらしかるべき責任を取る」
って腹なのでしょう。
途中で辞めるほうが簡単。どこぞの国の総理のようにね(?)。

ここまで来たら、武蔵川理事長、「男を掛けて」頑張っておくんなまし。
お体ご自愛しつつ。

~~~

理事長を外部から選出せよ・・・って文部科学省なんかも口出してるってことだけど。
外部から理事長を迎え入れることで改革の第一歩、とか
「対外的」には・・・「形」としては、一見納得させられるかもしれないが。

実際、「まわし組」以外の人が理事長になったって、
「ただのお飾り」の存在にしかならないのでは? って懸念が。
よっぽどの人じゃなきゃ、「まわし組」もついてこないでしょう。

そこで。
秘策がないか、すんばらしい人材、誰かいないかなぁ、と思いを馳せる。

塩じぃ(塩川正十郎翁)なんてどうかしら?
昔、高砂部屋大阪後援会かなんかの会長してらしたし、
相撲に縁がないわけではない。
「ふぁっふぁっふぁ~」なんて笑いながら、四方八方うまくまとめてくれそうだ。

八角部屋に長年縁のある鈴木宗男なんかも、相撲をよく知ってるし、
硬軟併せ持ってグッジョブしてくれる気もするなぁ。
文科省にも顔利きそうだし(笑)。
あ。現役の政治家はダメなのかな?

 とにかく「やりたくてっやてるわけじゃない」 なんてオーラで、
 仕方なく「代行」してます・・・ってヒトじゃ、
 まず「まわし組」も付いて来ないと思うのです。

 あ。この際、ナベツネ引っ張り出しちゃうのもいいかも!
 ・・・私は嫌いだけど(笑)。

4 Responses to “追いつかない。”

  1. TOSHI☆ より:

    1 ■はじめまして?!
    さて、私は誰でしょう??
    今年の春、会えなくて残念だったよぉ。
    一年に一度のお楽しみだったのに。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

    それにしても、最近、色々、バタバタしてるよなぁ~。
    一体、どうなるんだろう??

    パパが生きてたら、どう思ってるのかなぁ??

    一層のこと、うちのパパが・・・(爆)

    そんなこと、有り得ないか( ̄Д ̄;;

    また、遊びに来ていいかな??
    http://ameblo.jp/kb-dora-kr/

  2. きたほ より:

    2 ■お久しぶりです…
    花子さんたちもこの猛暑の中お疲れ様です。

    今では朝青龍関が引退したのもはるか昔に感じられるくらいこの半年で色々なことがありましたが…琴光喜関のことを思うと一相撲ファンとしては溜息がでます。
    株を持っている、しかも大関を切り捨てることが出来るんだなぁ…って思うと、今後の相撲界は何でもありになりそうで怖いです。下の人たちも、いざとなれば自分たちもそうなるのではと疑心暗鬼になったりしないのかなぁと心配になったりもします…。
    確か、七月のいつかの朝日新聞で小沢昭吉さんが、相撲も歌舞伎も独特の閉じた世界の中で育まれてきたからこそ、その得意な文化・伝統を保つことが出来たのに、最近のクリーンで開いたものを求められ、そうなるのは時代の波なのかもしれないが、非常に残念といった内容を寄せられていました。

    …きっと最近の人には、歌舞伎は「文化」と認識されていても、
    「国技」と囃し立てられる相撲は、結局のところ「スポーツ」として認識されているのだと感じます…。

    新聞やテレビでも、引退した力士や野球賭博報道の際の四股名に「関」をつけたりしていますが、それが「国技」を行うお相撲さんに対する「敬意」の表れのようにはあまり感じられません。
    「さん」じゃないし「氏」じゃ変だし…って雰囲気で、相撲が現在の日本での立ち位置を失いかけているように感じます。

    相撲が「神事」から始まり、でも一方で「興行」の側面も併せ持っていたことを、是非報道でもきちんと説明してほしいです。
    そんなこと当たり前「だった」のかもしれませんが、今の世の中じゃ知らない人の方が多いのだと思います…。

    白鵬関だってちゃんと賜盃を抱きたかったでしょうし、琴光喜関だってもっと相撲を取りたかったでしょうし、(ファンなので加えちゃいますが)朝青龍関だって相撲が大好きだったと思います。なんでもかんでも「神事」でまとめられるのは、本当に不幸です。(まぁ朝青龍関に関しては相撲ファンの人でも異論もあるでしょうけれど~)

    「相撲は『神事』で『興行』で、『伝統文化』だぞ~」って相撲を見たことのない友人に最近は言っています…。

    でも理事長にはそういうことを解っている人でないと。そして相撲を愛している人でないとって思います。

  3. 源五郎 より:

    3 ■無題
    内館さんはやらないですかね。

    花子様、いつも楽しく拝見しております。
    お忙しいとは思いますが、私たちファンを楽しませてください。
    暑い夏、お身体に気をつけてご活躍ください。
    http://ameblo.jp/nishijimetenfuu/

  4. どす恋花子 より:

    4 ■皆さん! 本当にすみません~
    すっかりお返事を放置状態で・・・

    申し訳ないです。
    コメントはちゃんと読ませていただいていたのですが・・・

    この日記を書いてから、
    いろいろ展開がありました。
    良いほうに向ってますかね?

    今後ともよろしくお願いします!

    (追伸:としこ、わかってるよ~! そのうちメールします!)

    http://hanako-dosukoi.com/

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply