01 Julハダカの男たちのオカネ。

ギャンブルに興味のない、ある若い親方が言った。
「相撲界はなんでギャンブル好きが多いかって? 
それは『金と暇』がありすぎるからだよ」
って。

ふむ。
金もなければ、時間もなければできないもの・・・それがギャンブル。
花子はパチンコ好きですが、やっぱり「お金の余裕がある」「仕事が暇」な時しかやんない。
ってか、物理的にできないもん。
それでもやっちゃうヒト・・・「ギャンブル依存症」で身を持ち崩しちゃうのかもね。
できうるなら、「男で身を持ち崩してみたい」今日この頃(笑)。

~~~

先日、久しぶりにプロレスを見に行った。
面白かったな、新団体の旗揚げ(?)なのだったっけ?
なんだかプロレスを見て泣けてしまった。

「このリングに立つために、みんな努力してるわけだよな。トレーニングや練習やら。んで、プロレス団体はどこも厳しい。一試合○万円なんて安いギャラで、選手はカラダ壊すまでにやっとるわけだ。なんだよ、ネクロ(*知人のガイジンレスラー)なんて流血は本人の趣味としても(笑)膝なんてほとんど変形してるじゃん。フリーの若いレスラーなんて、アルバイトしながらリングに立ってるのも珍しくないしな・・・」

などとツラツラ思い浮かんでしまうのである。

で、だ。

「野球賭博でウン千万~? この子たちが何百回試合すれば稼げる金なんじゃ!」

と、ついつい相撲界の問題を引き寄せて考えてしまうのである。
乱暴にくくってしまえば、「己の肉体ひとつで金を稼ぐ」点においては
力士もプロレスラーも同じだ。

「力士はやっぱり恵まれている部分もあるのだな。そこは伝統文化を担うという点で優遇されているが、メジャーリーグやサッカー選手に比べると、プロスポーツとしては横綱といえども安すぎて(略」

という結論・・・に陥りそうだが実はそうでもなくて。

「賭博力士・・・関取になるまでの苦労は並大抵のものではないはず。裸一貫で苦労してきて稼いだ金を、なんでそんな『無駄遣い』できるんや。それって己を裏切っとるちゃうんかぁ~!」

と、「悔し涙」が流れたのである。
プロレス会場でひとり、涙流してる女なんて傍から見ると気持ち悪いだろうな。
(先日はチキンカツ定食かっくらいながら泣くし・・・どうかしてるね)

別の観点から考えると。
「ごっちゃん体質」って言われるけど、タニマチさんからのご祝儀とか、
「自分で稼がない、汗水垂らさないで簡単に手にできるお金」ってのが、相撲界にはある。
その点、金銭に対しての「価値観の麻痺」って出てくるわな。

以前、「元」おかみさんが言ってた。とっても真面目な女性。

「花子さん、私の考えを聞いてくれる? たとえ15歳の序ノ口の子でも、土俵に上がったらプロなの。場所手当て、という名目じゃなくて、ちゃんと月々に給料を支給するべきだと思うの。そうしたら、『自分のカラダでオカネを稼いでる』っていうプロ意識が芽生える。仕事って、そういうものでしょ? これがないから、後援会やタニマチのヒトにお小遣いをたかっちゃうような、悪しきごっちゃん体質が身に付いちゃうのよ。現代の若い子にとって絶対によくないの」

って言ってたのを思い出した。

確かに、そうかもなぁ。今思えば慧眼のご意見よね。
この点ひとつ取っても、ホント、本質・根本から相撲界は変わらなきゃいけないのかもなぁ。

  かなり大変・・・ですね。こりゃこりゃ。 ふー。

.

4 Responses to “ハダカの男たちのオカネ。”

  1. 七夕 より:

    1 ■お疲れ様です!!
    花子先生、連日の激務お疲れ様です!!ブログ世代のお若い相撲ファンの牽引ご苦労様です。お若い方々に何と説明して良いのか頭が痛い日々とお察し致します。名古屋の酷暑と重なりますのでお身体をご慈愛下さいませ。リーマン以来特に「お金と暇が有り過ぎる」など例え一部のお関取の事でも、余計に世間の反感をかう要因になりますね。ただ、ただ斎藤さんのご遺族様の心の休まる日々をお祈りするだけです。色々な事態が重なり、財団法人返上をちらつかせて、早急な改革を迫られておりますが・・。角界が一丸となり改革に向けてひとつづつ解決、前進しなければいけないタイムリミットだったのですね。お一人お一人が角力として誇りを持って土俵を守ってほしいです。お相撲さんは相撲文化の猛勉強はもとよりチャリティ貢献に時間を割いていただきたいです。花子先生は身体がひとつしかなく、倒れられたら困りますがお相撲さんはもとより、外の一般ファンに授業をお願い致します。「愛ある相撲の語りべとして是非ともお願い致します」長々とお邪魔いたしましたps授業料は現物にて、夏はやはり泡付き麦茶に致しますね

  2. ちゃる より:

    2 ■ボクシングも…
    花子さん

    私も友人にプロボクサーがいて、生活の為に
    ボクシングとは関係のない事務仕事を9時~17時でこなし
    (飲食などの立ち仕事は体に負担がかかるらしい)
    空いてる時間は、タイトルに向けて
    みっちりトレーニングをしているのを見ると
    力士って恵まれているなぁと思います。

    友人は2005年の新人王で、人気もあるのに
    やっぱりボクシングじゃ食べられませんもん。

    同郷の幕下力士が、名前入りのTシャツを作り
    飲み会で配っていたのを見て『幕下のくせに…』と思う私が
    厳しすぎるのでしょうか?

    琴ミッキーは、学生横綱としてタイトル総なめで
    鳴りもの入りで角界に入ってきたのに、残念でなりません。
    でも今思うと、相撲ぶりに『気持の弱さ』が
    出る時がありましたよね(苦笑)
    http://ameblo.jp/yasukotakaoka/

  3. どす恋花子 より:

    3 ■七夕さま、ちゃるさま
    コメントありがとうございます!
    あ、「先生」はやめてください(笑)。
    いろいろお気遣いありがとうございます。
    私はのんきに「ちゃんこ」の原稿書いてたりしてます・・・
    若い子のためにも、
    あれこれ書いていく気持ちを、今回改めました・・・。

    ~~~

    ボクシングもそうですよね。
    落語界などももちろん・・・。
    そういう意味では、やっぱり相撲界に対して厳しい目で見てしまう。

    なんだか、最近、考えがまとまらないあたくしです・・・。これに懲りず、また。
    http://solotamo.sakura.ne.jp/dosu/

  4. 七夕 より:

    4 ■お疲れ様でございます
    疲労困憊で身が引き裂かれる想いとお察し致します。男社会の中、分からんチン相手に職責をまっとうされている花子さん。いつも尊敬しております。    本当にお身体をご慈愛下さいませ☆

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply