09 Feb今、私にできること。

たまたま見つけてしまった、ある「お母様」の日記。
こーゆーのが、一番、本当につらいんだよね。

(*ご本人の了承を得て一部割愛しつつ掲載させてもらいました)

~~~

今回の一件で、本当に相撲界はおわっちゃうかもしれんね
当然、話し合ったさ
来年度1年間、ケガのブランク抱えて、根性据えてプロ目指そうって
必死で左足引きずりながらも、1ヶ月病室で上腕の筋トレ欠かさず
退院してからも、翌日から即クラブ復帰して、出来る限りのトレーニングして
前のレベルまでに戻ろうって必死の息子にこのニュースは 酷過ぎる
「お前・・・相撲界マジ終わってまうかもしれんぞ」
って言う私の言葉に「だからなに?」 って・・・
解ってないのが80%
20%は、今現在の相撲界がどうとかじゃない
息子にとって
今現在の相撲界の不祥事なんてどーでもいいんだ
息子は8年間の間に 根っからの相撲人間にそだってしまった

春夏秋冬まわし一本で真冬なんて、稽古姿はまるで ラオウ
ケンシロウちっさいからなw
真っ赤になった体から 汗と血と湯気がでて
小さい時なんて、キッツい稽古に泣きながら
それでも
僕には相撲しかないから!!!って
必死こいて 力士になるの夢見て頑張ってんのに
大人まじなにやってんの!?!?!?!?

親からしたら 守ってやりたいし
先が見えないそんな世界に 身ひとつで・・・・・投げるなんてできない!!!!!!!!!
できるわけないやん!!!!

それでも!!!!!!

息子は!!!!!!

毎日毎日、学校でも、うちでも!!!!
いつか、化粧まわしして、おかんに家こーたる!ゆーてっ
必死で必死で 角界めざしとんねん!!!!!
頼むから

夢の舞台つぶさんとってやってください

~~~

せつない・・・。
このお母様に連絡取ったとき、すごくご丁寧な冷静な文章で、
「是非、花子さんがもっと書いてください。この日記は感情的になってしまい、
うまく書けなかったので・・・」との、もっと濃い「思い」の詰まったお返事が。

いやいや、お母様。
名文です。
これ以上のあれやこれやは必要ないくらい。

~~~~

私なんて、半分相撲界に片足・・・つま先だけ突っ込んでる人間。
訳知り顔は、できるほどではない。
でも「私もショックなのですよ」なんてのも、今更ね・・・

そんな私の気持ちなんざぁ、どうでもいい。

綺麗事のようだが、
まず、このニュースを聞いたときに、
「相撲ファンはどう思うのだろうか? 泣いてないだろうか?」 と思った。
mixiで「大相撲女子ファンクラブ」なるもののコミュ主もしている。
承認制なので、私あてに「入会希望」のメッセージが送られてくる。

その一言、一言をいつも噛みしめていた。
「最近ファンになったミーハーですが勉強させてください♪」
「祖父母の時代から大好きで」・・・
「○○関に握手していただいてから相撲が好きに・・・」
「介護ヘルパーですが、いつもおじいちゃんおばあちゃんがテレビ室に集まって
相撲を見ています。介添えして見てた私もつしかファンになっちゃった」
なんて、一所懸命綴ってくれている。
いつもいつも「新鮮」でした。

~~~

なんだか、前回の日記のコメントに「仲良しぶりを書くんじゃなくて、こーゆー時こそ
何か書け」のようなご意見もらっちゃって。
ホント、そうなのよねぇ。

でもね。
想像してくださいよ、どれだけこの今の状態で、「忙しい」のかを(笑)。
もともとマメにこのブログも更新してないが、それ以上にもっと更新する暇ないわ(泣)。

・・・とは言いましても。
あれこれ「予定していた仕事がぶっ飛び」ましたので、
これからは暇。マズイくらいに暇。
文字通り「力士のふんどし」借りて仕事している私ですから、それはしょうがない。

が。
だからブログを頻繁に更新するかって、それは違う。今までどおり。
そして・・・申し訳ないが私の「オピニオン」は、きちんとした紙媒体で書きます。
まず、それが私のやるべきこと、第一義のオシゴトなので。

~~~~

で。
写真の説明。
私の実家は千葉県佐倉市。
あの伝説の最強大関「雷電為右衛門」が、引退後を過ごしたという土地。
実家近くに、この雷電の碑がある。
小学生の頃は、これがはずせない通学路だった。
今こそ住宅地だが、当時は鬱蒼とした木々に囲まれ、
真っ暗で静かで、なぜかいつもひんやりする空気の中に立っていて、
(回りは寂れた墓地)この前を通るのが怖くて怖くて・・・
いつもうつむいて通っていたので、正視したことがなかったくらい。

昨日はたまたま実家に帰っていたので、思い立ってお参りしてきた。
母親の墓参り用のバラを一輪抜いて、「ワンカップ大関」を買って。

~~~

「身を清めてから行ってくる!」
なんて昼間から風呂に入っている私を、姪っ子たちが、
「花子おばちゃん、変なの~。面白い~」
なんて笑うけどね、相撲ファンの父は、
「花子、そうだ。いいことだ。せっかく近所で小学校の頃から見守ってくれていたんだぞ、
雷電は。これも何かの縁だ。行ってこい! ・・・ワンカップ大関代200円出してやる!」
ですって。
命日は2月11日。
手書きの看板が碑の脇にあった。
「雷電祭」を毎年やってるそう。3日後か・・・

私が角界を代表して謝るってのも変なんで、

「お騒がせしています。どうか見守っていてください」

とだけ言ってきた。

~~~

   とりあえず、「今、私のできること」を探している。答えはひとつ・・・なのはわかってる。

3 Responses to “今、私にできること。”

  1. ごん より:

    お疲れ様です!花子さんの心労とご多忙が一番心配です。理事長をはじめ横綱、角界の皆様方の心労をファンは心配していると想います。文章で心の内をお話し下さった御母上、新弟子検査を受けて入門下さる方々、本当に新生角界が果たさなければいけない責任は重いです。方針を打ち出していただきましたら署名なり働きがけは出来ますが、今は見守るしかないですね。花子先生も大変苦しい立場での発言、読み込みましたら好角家は必ず理解下さいますよ☆相撲好きは考えている方向性は似ています☆ただ、好奇心で騒いでる人達に向けての発言は迷路にはまり込み苦しいです。信じて待ちますし、尚一層場所応援に行きます。(ある親方の発言新聞紙面で読みました。ごんも弱い人間です、だから相撲が大好きです。昨年春、腹を切って手術しました、だから許してあげて下さい)ごんが一番気になる事は相撲応援と同時に新潟にいらっしゃるご遺族様です。長々ごめんなさい、花子先生ファンは大勢いらっしゃいますから“花子先生の発信”待っています。ご慈愛下さいませ

  2. ぼたん より:

    なにがなくとも、花子さんを応援してます。
    そして大好きな大相撲も応援してます。
    心ばかりですが、一緒に悲しんで苦しんで、
    応援してがんばりましょうね!

  3. じゅんちゃん より:

    今日2月11日が雷電の命日のようですね。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply