08 Dec坊主だけでなく横綱も走る師走。

白鵬が報道陣に配ってくれた
モンゴルのお菓子。

今日は、夜に白鵬の対談のお仕事があり、朝、チラッとご挨拶&打ち合わせに行ってきた。チャリンコで3分。もちろんあたしゃノーメイク(笑)。

先場所後初の稽古ということで、報道陣が集結していた。
「まだ九州の疲れが取れないよ~」なんて言いつつ、
「暇だから一応来てみたんだ」なんて記者さんも。
・・・頭が下がるなぁ。
私なんて徒歩圏内にいくつも相撲部屋があるのに、
よっぽどじゃなければ朝稽古に顔を出さなくなってしまっている。
力士と顔合わせるのが嫌で相撲部屋の前を通るのを避ける始末だ(笑)。
・・・反省。私の尊敬する職種のひとつが「新聞記者」でもある。まじ。

~~~

横綱も、先場所はいろいろと「今までになく」精神的にお疲れだろうに、
報道陣に囲まれてあれこれ取材対応。
19日に大阪で念願の「白鵬杯」=日蒙両国の子どもたちの相撲大会=を開催したり、
年末年始に向けてのテレビや雑誌取材、いろんなお招ばれがあってスケジュールが真っ黒らしい。

今日の夜の対談お仕事も、無理矢理頼み込んで粘り、
どうにかお時間を作ってもらった次第。
いつも「申し訳ないな」と思う。
プライベートな時間を犠牲にはしてるのだろうが、
せめて休息・睡眠を削ったりまでしないでほしいなと、と陰ながら願ってはいるんだが。

~~~

私も一応、メディアの末端にいるわけで。
たとえばある編集部が、
「○○関のインタビューをしたい。ついては○月○日までに時間を欲しい」
「ゴールデンウィーク特大号 (とか新春特大号とか)の目玉企画なんですよ! 是が非とも出ていただきたく(うんぬん)」
という。私がアポ取り・交渉することが多い。

私がその関取だったとしたら、きっとこう思うだろうな。
(口にしないまでも)

「そんなこと言ったって、そっちが勝手に知らない間に企画して締め切り期限まで決めて・・・。目玉企画だなんだって、おれっちは関係ないよ~。勘弁してよ~」

って(笑)。
私は、直接的に「原稿料」として出版社からお金をもらって生活している。
でも、それは取材対象者=「頑張ってくれてるお相撲さん」がいるからなのである。
「なかなか素顔を届けられない力士と、ファンの間にいる『媒介者』として書いて行きたい」
なんつって殊勝なことを言ってはいても、
結局は「お相撲さんのふんどし借りて生きてる」わけなのである。
今までいくつの、何人のふんどしを借りっ放しでいることか(笑)。

~~~

せめて。せめて・・・
「花子さんに書いてもらってよかった」と取材対象者に言われ、
「花子さんの記事を読んでよかった」と読者に言われ、
「嗚呼。花子、これ書けてよかった~」と、
三者三様に幸せになれるのが一番いいこと。

 ホント、なんだか今日は無理矢理時間を捻出してくれた横綱に、
 改めてすっごく感謝した私でありんす。
 
 もちろん、つまんなかっただろうに(?)
 長時間付き合ってくれた付け人クンにも感謝感謝。

  ・・・なんて長文日記書いてる間に原稿書け、と編集さんの声が聞える・・・

         とりあえず今日は寝ちゃえー。

One Response to “坊主だけでなく横綱も走る師走。”

  1. ごん より:

    花子先生お疲れ様です!!新聞記者の先生には書けないところを長年に渡って書き続けて下さり有難うございます。風邪に気を付けて取材頑張ってください♪♪白鵬関も花子先生に取材していただき良かったですね〜☆相撲にかける情熱に通ずる者同士お仕事抜きで飲めたら良いですね☆

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply