10 Feb今さらながら。遠藤関へのラブレター?

isegahama

写真は、今、数々のスクープをかっ飛ばしているイケイケ『週刊文春』2月18日号。
「新・家の履歴書」という連載で、
伊勢ヶ濱親方(元横綱 旭富士)にご登場戴きました。
子どもの頃は「幼稚園強制中退」のやんちゃ坊主で、
角界入門前は、なんと地元青森で荒波にもまれ、
誰もが一目おく若き漁師さんだったとか!
ユーモア溢れる親方の知られざる素顔がホッコリと
(スクープ連発の誌面のなか)
”閑話休題”って感じですかな。
是非ともお目通しを。

そして月1回の「Number web 相撲春秋」です。
今回は、遠藤関について。
ある元力士から、
「これは花子さんの遠藤関への愛情が溢れていますね。
僕も彼を誤解していたかもしれません。
遠藤関って、なんて真摯でストイックなんだ、そして(以下略)」。
との感想を戴いた。

あたしは遠藤関に嫌われていても(?)好きなのが
=片思いがバレちゃったみたいー。
「彼がイケメンじゃなかったらよかったのに・・・」
「イケメン力士ゆえの不幸か・・・」
なんて思いつつ、書いてみました。

 よろしかったら。遠藤関の素顔をちょっとだけ知ってね。

             ↓

Number web「相撲春秋」

2 Responses to “今さらながら。遠藤関へのラブレター?”

  1. オロロン より:

    「もし彼がイケメンではなかったら」って思ったこと、私も何度もありました。
    その歓声の大きさに反比例して土俵を割る姿にこころ無い言葉を口にする人。
    そのたびに私、いちいち説明してはウザがられています(笑)。
    ケガで番付を落としたあとの復活は、番付表を見ただけで涙が出ます。
    (引退した豊真将、土佐豊のときも。それに栃ノ心などなど)
    大好きな妙義龍関まで登場して、本当に読み応えのある濃い記事でした!

    • hanako より:

      オロロンさま。

      返信遅くなりました。今さらながら・・・すみません!
      いつも本当にありがとう~。
      遠藤関、相撲巧いし、本当に真面目なのに「顔」だけ、
      「人気だけ」と、そこしか注目されないのが残念でねぇ。

      さすがオロロンさん。これからも周りにいる方々に説明してやってくれい。
      地道にいこう・・・(?)。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply