21 Feb「武蔵丸」の船出。

maruhikkosi

検索すると、その昔「武蔵丸」という船があったようだ。
小説の題材としても書かれているような。

~~~

武蔵川親方(今日を限りに、もう「マルちゃん」なんて呼ばないの)が、
ご存じ、武蔵川部屋を再興する。
今日は、旧中村部屋へのお引っ越しの日。
別に呼ばれてもいないんだけどさ(笑)、
2日も風呂に入っていない、そこはかとなく臭う体&ノーメイクで(=余計な情報)
とりあえず駆けつける。

伝統ある相撲部屋でも、閉鎖に追い込まれてしまう昨今。
夢を持って「買ってでも苦労する」若い親方夫妻の船出の日を見たかったから。
今の相撲界の「宝」だ。
どうか、新しいパワーを吹き込んでくれ。

アナタタチナラ ダイジョウブ。

マルちゃん・・・あ、違った。
武蔵川親方は、とりあえず明日「出勤」する藤島部屋までの、「朝の満員電車初乗車」を頑張れ。
おかみの雅美さんは、お風呂のリフォームが済むまで「銭湯通い」を頑張れ(笑)。

花子は、
「すみません! 明日の昼まで締め切り延ばしてください」と言った手前、原稿頑張りマス。
 
 「沈没寸前」の花子、なんだか元気をもらったわ。
  明日こそ! 風呂に入るわよっ!(そこか)

(どうか担当編集さんがこのブログを目にしませんように、と祈りつつ)
  
           

7 Responses to “「武蔵丸」の船出。”

  1. りお より:

    お気に入りのボディショップやハウスオブローゼの入浴剤やボディーソープを送ってあげたい…(T_T)!!頑張れはなこさん!!

  2. hanako より:

    まあ、りおちゃん!

    ありがとう~。そのお気持ちだけでうれしいわ。頑張れるわ。
    近所の銭湯に行くのが、最近の楽しみのひとつでもありま~す。

  3. オロロン より:

    そうだったのですか!!
    マル親方のブログがかんじんなところで更新されていないのでおかしいなあと思っていたのです。
    楽しみだな~!心から応援します。

    花子さんの行かれる銭湯はきっとあそこだろうなと予測してしまいました。気味悪くてごめんなさい。

  4. ひらりんご より:

    花子さん、お知らせありがとうございます!
    全然「ご存知のとおり」じゃありませんでした。

    高見盛が引退して「振分」になって、武蔵丸はどうなっちゃったんだろう…って内心心配してたんで。
    親方定年のタイミングと、高見盛引退のタイミングがばっちりでよかったです~。

  5. ぼたん より:

    とうとう動き出したんですね!
    甥っ子のためにも、という記事を読みました。
    ちょっとハラハラしながらも楽しみです。

    花子さんも体にお気をつけくださいね。

  6. りお より:

    花子さん!!お元気ですか!?雅山も引退し親方になりますね…しかし部屋が再興されたりするのはいい事です。大阪場所は大入りが結構あって安心しました!!(何から目線!?(笑))

  7. hanako より:

    みなさん、コメントありがとう~!
    まとめちゃって、それもこんなに遅くなってすみません!

    マル親方、応援してあげてくださいね~。

    お風呂・・・相変わらずゆっくり入れてないです(笑)。

    大阪場所終わり、ちょっとゆっくりします!(まずは風呂だ・・・)。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply