04 Jan相撲界の正月は、初場所後。

 

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
相撲界のお正月は初場所後からってよく言うけれど、
今回、花子も(やっと?)思い知った・・・

31日朝まで稽古取材で、3日に「原稿書き初め」で始動。
その合い間に実家に帰って、年越しそば作っておせち料理作って
お雑煮作って・・・くわえてお年玉配って。
ヘロヘロで疲れて、東京に戻っただけ・・・ですわ。

正月なんてない。

今日4日は、二所一門の連合稽古を見てきました。

NEW大関のふたりが尾車部屋で稽古。

なかなか見ごたえあったわ。

やっぱり(当然ながら)ふたりともお互いを意識してる。

稽古の番数=その勝敗はあくまでも「稽古」でしかないから、

今日の稽古でどっちが勝ち越した、などと数字はあまり意味がない。

花子の目では「互角」ということで。

初場所はこのふたりのライバル物語が本当に楽しみっす。

一門の親方衆や報道陣、見学者で稽古場の上がり座敷はいっぱい。

なんとなく、隙間から盗撮(?)した写真2枚。

ふたりの新大関が汗かいてる姿、ちょっといい感じでしたよ。

 

今日気づいたこと。

●琴欧洲。「アンタ、稽古場では強いじゃん!」(笑)

●隆の山が「一回り小さくなっていた」。さては・・・(略

●なぜか一門外の高見盛が出稽古に来ていたが、ほとんど土俵に上がらず  

(=何しに来たのよ。いるだけで・・・)

●「松戸の部屋までどうやって帰るの?」 「タクシーで帰るなら、あっちの清澄通りに出たほうが」

などとの声を聞いてるのか、勝手にずんずん歩いて帰る稀勢の里。

あなた、やっぱりB型ね?(=写真3枚目)

 

 

おまけ。

 

昨年末にいただいた、琴奨菊関の色紙。

稽古後、200枚近いサイン色紙に手形を捺していたのだが。

そのうち、失敗した貴重な1枚(小指が欠けてる~)。

同行した編集さんやカメラマンにも色紙をくれ、

「逆にレアモノだから、失敗作のほうが欲しいな~」と言ったら、

「ちゃんとした手形色紙も、もちろんどうぞ。じゃ、これにも」

と満面の笑顔で「失敗作」にサインしてくれました。

本当に、素直で素敵な新大関ですわ。

 

 対照的な(?)ふたりの新大関、ライバル物語が初場所(8日)から始まります。

 

                乞うご期待♪

One Response to “相撲界の正月は、初場所後。”

  1. ごん より:

    花子先生おめでとうございます!!そしてお疲れ様です。朝から晩まで取材して下さり、新年第一番目のお年玉アップ有難うございます☆互角のライバルStoryワクワクします♪♪互角でないと成立しませんもの、真っ直ぐな御二人ですから、一気に手の届かない所に昇ってほしいです☆今年も佐藤さんの相撲記事を楽しみにしております、初場所から休み無しで大変忙しくなられますがお身体をご慈愛下さいませ。m(__)m

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply