26 Julありがとう。魁皇関。

魁皇関。本当にお疲れ様でした。
私もやっと東京に帰り、
原稿も書き終えて、今、この日記を。

魁皇関の引退インタビュー原稿を(23枚分になるのか?)書いていて、
やはりグッと来てしまう。
涙ながらに書き終えてた。なんだか
「嗚呼。書かせてもらえて光栄だなぁ」
と、またここで涙が出るのだ。

ありがとうね。

上のこの写真は、初日から3連敗して迎えた4日目のもの。
千代の富士の記録と並ぶ1045勝を決める日の、
花道に向う前の魁皇の後ろ姿。

仕度部屋から花道に行くのに、この狭い通路を通る。
力士だけでなく、記者さんや関係者も通る道。

しばらくの間・・・けっこう~長い時間だったなぁ。
あんな形やこんな姿で佇んで・・・精神を集中してる魁皇の姿が。
付け人くんも離れたところから見守っている。

場合によっては「ちょっとゴメンナサイヨ~!」
なんて力士の脇をすり抜けて走ってしまうこともあるけれど。

この日、彼の姿を目にして、
「さすがに通れないよな・・・」
「通れませんよねぇ・・・」
「待ちましょうか・・・」

と、記者さんたちも後ろ姿を見守る。プチ魁皇渋滞。

そしてこの日。無事、1勝。

で、その翌日。新記録1046勝目の花束。

これは写真記者クラブ加盟社各社が「絵作り」もあり、みんなで用意したもの。
地元中日新聞のカメラさんが中心になって話をまとめ、
花子が某親方のマネージャーさんをそそのかして(笑)、
車を出してもらい、買いに行った。
(だってすんごく大きくて重いのよ~)

さて。「誰が渡すか」が問題。
やっぱり女性じゃないとねぇ。
「誰もいなかったら花子が渡す」ことになっていたが、
私からもらっても今さら魁皇も、新鮮でもなんでもないだろう、と。
1000勝の時も渡したんだったわ。

いつも「オバサン、老けたなぁ」「化粧濃いんじゃない?」
なんて憎まれ口ばっかり叩くし(魁皇なら許せるけど)。
「ほぅ~。あなたの奥様と同じ年なんですが?」
「・・・う。マズイ」
ってな感じで、愛いヤツではあるのだけれど。

「じゃあ、記者クラブのバイトのおねえさんはどうだろう?」
「医務室の看護士さんは?」
「そりゃ、退院祝いみたいになっちゃうからだめだ」
「そこらへんに魁皇ファンのキャバクラ嬢はいないか?(笑)」
などと、みなで頭を悩ます。

結局は「最適な人材」(?)が見つかり、一件落着。
花束にっぶっ差す立て札の板に、行司さんが「一〇四六」と相撲字で書いてくれた。
魁皇のミニチュア幟も立ててアレンジ。
・・・その写真は撮るの忘れた。

花束ひとつでも、みんなの思いがこもっています。

で。とうとうこの日が来てしまいました。
10日目に、魁皇が引退決意。
また花束を用意することになるとは、思わなかった・・・けれど実は、
その覚悟もしていたような。

引退会見は、本当にすがすがしい笑顔でなんと1時間も。
「ちゃんこの染みた」魁皇ならでは、
誠実に自分の言葉で丁寧にひとつひとつ応えてた。
記者さんたちもみんな、彼の言葉に聞き入っているようで、
なんだか「魁皇講演会」のような会見でもあった。

とてもいい会見でした。

23年もの間土俵に上がり、やはり「人間力」が違うんだな。

笑顔の魁皇と対照的に、友綱親方がなんだかすごく寂しそうだった。
後で親方に聞いたら、
「最初はマズイな、今日は泣けちゃいそうだ、と思ってたんだけどね・・・」
って。強面だけど、すっごく「弟子愛」持ってる親方でもある。
友綱親方も、魁皇の師匠として23年間、お疲れさまでした。

引退の花束は、花子の気持ち。
姉弟子の横野レポーターが「半分出すわよ~」なんて言ってくれるけど、
彼らのお陰で花子の仕事も成り立つんですから、
安いもんだわよ。

「みっちゃん(魁皇夫人)にあげてね!」
と、渡しました。

プロポーズの言葉は「オレのために生きてくれ」だったそう。
以来、みっちゃんは、本当に魁皇のためだけに生きていた・・・
と言っても過言ではないくらい。
いつも3歩下がって、どころか、はるか彼方に控えて支えていた。

毎日、「大関に何かあったら」と構えて、常に家で待機。
治療も何もすべて、魁皇の行く先にはすべて運転手をしてた。
場所中などは、夜の12時近くまで毎日、付き合っていたそうだ。

「最近のデートは、いつも治療院や病院往復の車の中です。
たまに外食しても、大関は長時間座っていられないくらいに腰が悪いから、
すぐ帰るし。なかなか表にも出る気にならないんですよね」
って言ってたわ。

元女子プロレスラーの奥様だけど、
きっと一緒に闘ってもいたんだろうなぁ、と思いを馳せる。

 みっちゃんも大関夫人としての今まで、本当にお疲れ様でした。

会見を終えて、魁皇は、
「オレ、千秋楽が誕生日でしょ(アナログ放送終了の24日)。
アナログ力士は、やっぱりデジタル化とともに終るんだよなぁ。あっはっは」
と、そのすきっ歯を見せて笑ってました。(座布団1枚!)

  さて。名古屋行ったり来たりで「まっとうな日常生活」が全然送れていないあたくし。

   まずは洗濯だー。 嗚呼、嫁さんほしいくらいだよ・・・

   はっ。魁皇引退の日記が、最後は「洗濯」の一言で終るのか・・・魁皇、ゴメン。

2 Responses to “ありがとう。魁皇関。”

  1. ひらりんご より:

    花子さん、素敵な魁皇日記ありがとうございました。

    1046花束の「最適な人材」は、いつも砂かぶりに座っているあのご婦人だったのですね!若さや美貌より、ああいう毎日応援してくれている人がいいと思うので、最適だと思います。

    私も自分のブログに魁皇日記を書きました。
    (めちゃ無断で写真載せちゃいましたが・・・魁皇への愛に免じて許してください。)

    魁皇の引退会見、通しで見てみたいなーと思っていたけれど、一時間もあったのですね!
    テレビで報道されていないコメントも何かの機会に聞かせていただければと思います。
    そして、親方としての魁皇のこともこれからぜひ伝えてくださいね。期待しています。

  2. hanakod より:

    ひらりんごさん。

    コメントありがとうございます!
    いやいや、「あのご婦人」は違います(笑)。
    たまたま部屋と懇意にしてる名古屋のクラブのママらしいの。

    私たちとしての花束贈呈係。、
    地元中日新聞の新米記者として研修に来ていた女性をGETしたんですー。
    もちろんNHKには映らず、だったけれど。
    スポーツ紙などには(中日新聞だけ? (笑))載ったのではないかしら。

    魁皇のインタビュー記事、掲載時の発売号はまたブログに書かせていただきますね。
    本当に、「ちゃんこの染みたお相撲さん」らしい言葉ばかりでした。

    書ききれなかった話も、また。いつか書ければ。 

    ひらりんごさん、いつもありがとうね。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply



Check